ミノキシジル 副作用

ミノキシジルの副作用とは?副作用なしで髪のケアをするには?

マイナス5歳に若返り!頭皮ケアでアンチエイジング

 

年齢を重ねると、女性もですが、男性も顔がたるんできます。

 

男性でも顔のたるみは気になりますよね。

 

このたるみの原因が、実は頭皮にあるって知っていましたか?

 

 

顔の皮膚は頭皮と繋がっています。
頭皮が血行不良などで凝り固まっていたり、新陳代謝が悪くむくんでいると、顔にも影響が出るんですね。

 

顔のたるみ防止のためには頭皮ケアが必要となります。
また頭皮ケアすることで頭皮が健康になるため、薄毛や抜け毛予防にも役立ちます。

 

 

たるみ防止のための頭皮ケアとしては、頭皮マッサージがあげられます。
生え際に5本の指を入れ、頭頂部に向かってぐいっと頭皮を動かすようにもみこみます。

 

この際、すべりを良くするためにオイルなどを使っても良いでしょう。
使うオイルは自然由来のものを使用しましょう。

 

顔の皮膚を伸ばすようなイメージで頭皮をもみあげます。

 

 

頭皮マッサージを毎日の習慣にするだけで、顔のむくみやすさが随分と違ってくるのが分かるはずです。

 

さらにワンランク上をいきたい方は、ヘアチェックを受けてみることをオススメします。
髪の毛の専門サロンでヘアチェックは行われています。

 

小型のカメラを使って、頭皮の毛穴までしっかり撮影してくれます。
髪の毛のプロがアドバイスしてくれますから、大変心強いですね。

 

また、そのまま頭皮マッサージをしてくれるサロンや、自宅で出来るセルフケア方法を教えてくれるサロンなどがあります。

 

専門サロンと言えば、なんだか高級なイメージがありますが、最近ではヘアチェックを無料で行ってくれるサロンも多く存在しています。

 

 

まだヘアチェックを体験したことのない男性は、1度はヘアチェックを受けてみましょう。

 

また、以前受けたことのある男性も、今と昔とでは頭皮環境は異なっているはずです。
ですから、ヘアチェックは定期的に通うことがオススメです。

 

その時々に応じたケアをするよう心がけましょう。

育毛にはミノキシジルが有効

 

ミノキシジルを育毛剤として試したいと考えている男性の皆さんも多いでしょうね。
まずミノキシジルを開始しようと思っているのなら、内服薬よりまずは育毛剤になっているローションやフォーム、スプレーやミストタイプのものが体に負担がなく安心ですよ。

 

頭頂部だけでdなくM字ラインにも同様に血行促進の作用がありますから、発毛出来る可能性もあるんです。

 

 

内服薬としてのミノキシジルは若干副作用があります。
頭髪以外の毛も濃くなることがあります。
低血圧、めまい、動悸や吐き気を覚えることもありますが、重篤なものはないようです。

 

一方育毛剤のミノキシジルでも肌に合わなければかゆみや湿疹、かぶれを引き起こす可能性があります。

 

今ではアレルギー反応が出にくいようにミノキシジルを改良した育毛剤が開発されていますから、かゆみに悩みながら使うことも減ってきているのが実状です。
「育毛剤はかぶれるから・・・」
ということがなくなっています。

 

 

ミノキシジルは代表的な育毛効果のある成分です。
殆どの育毛剤にはミノキシジルが配合されているのではないでしょうか。
そのため刺激も強いけれど、効果もばっちりあるということなんですね。

 

低アレルギータイプのものなら、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ますし、速乾性のものや泡状タイプなど、様々なタイプが販売されています。

 

あなたの頭皮環境や生活スタイルに合わせて取り入れやすい育毛剤を使うようにしましょう。